公認会計士になるには

公認会計士になるためには公認会計士試験に合格し、国家資格を取得しなければいけません。この公認会計士試験は、受験資格は年齢や学歴などは一切関係なく、誰でも受験することができますので、既に会社員として働いている方からの人気も高い資格となっております。しかし、誰でも試験を受けられるという間口の広さとは反対に、試験自体の難易度はかなり高くなっておりますので、合格して公認会計士になる事ができるのは、毎年一握りの方に限られます。その難易度の高さはあの司法試験に次いで難しいと言われております。

公認会計士の試験は筆記と論文に別れております。筆記試験は短答式と呼ばれるマークシート形式の試験と、論文式と呼ばれる記述形式の試験が二種類あります。同時に行われず短答式の試験に合格できた人だけが、後日行われる論文式の試験を受験することができます。論文式の試験まで進んだけど合格まで至らなかった場合には、短答式の試験は2年間免除される特典があります。

公認会計士の試験はとにかく出題範囲が広い事と、それぞれの分野でかなり突っ込んだ内容が問われますので、ヤマをはるような事が出来ません。その為、一発で合格する方と言うのは本当に稀で、何度も試験にチャレンジされるのが当たり前の試験内容になっております。こちらのページでは、これから公認会計士の試験にチャレンジしようと思っている方のために、試験内容や、勉強時間はどれぐらい必要なのかなど、試験勉強を始める前に知っておいて欲しい内容をご紹介します。