日別: 2017年4月17日

合格率は上がっている

難関と言われている公認会計士試験ですが、実は年々合格率は上がってきています。これは、2006年に試験の制度がかわり、これまでは3段階の試験が必要だったのですが、一本化されたり、2010年からは年に2回試験が行われるようになってきたなど色々と資格取得希望者にとってありがたい状況になってきているという事があります。また、公認会計士の出願者は年々減少傾向にありますので、ライバルが減少しているという事もあり、合格率が徐々に増えてきているのです。

公認会計士に合格するためには、スクールに通う事が最も近道だと言われています。その為、都市部などには沢山の公認会計士のスクールが存在しており、選ぶのに迷ってしまう程です。また、地方などで近くにないような場合には、公認会計士への通信講座といった方法なども選ぶ事が出来ます。自宅に居ながらパソコンやタブレットPCなどで、自分の好きな時間に好きなだけ勉強ができますので、社会人の方などにおすすめです。また、スクールは土日に通って、平日は通信講座のような学び方もできるスクールも増えて来ておりますので、自分のライフプランに合わせて勉強する事ができるようになっております。色々なスクールがありますので、お気に入りを見つけてみてください。